HOME>コラム>実務者研修を受けてレベルアップを図ろう!

実務者研修を受けてレベルアップを図ろう!

女性

介護福祉士になるためには実務者研修を受講

2017年より、介護福祉士国家資格の受講要件に実務者研修の修了が追加されました。本来の三年以上の経験にプラスされたものなので、要件が厳しくなったと言えるでしょう。ただ、人材確保の面から考えると、経験だけではなく、十分な知識を持った人が国家資格を持つべきだという考えでしょう。これから受講される方は、不運だと考えるのではなく、介護福祉士の知識を得る良い機会をもらったと前向きに捉えて、1つの修行として実務者研修を受講することをおすすめします。この実務者研修において、具体的には介護の技術だけではなく、介護の複雑な制度など幅広ければ学習することができます。いざ現場に出たときに、要介護者の家族からの質問にもきちんと答えることができる知識を養うことができるのです。

男女

実務者研修は通信講座で受講可能

メリットの多い実務者研修の受講ですが、既に介護関係の仕事やその他のアルバイトを始められている方に、ネックとなるのが通学時間の捻出でしょう。そんな方におすすめしたいのが、実務者研修の通信講座です。修了まで完全に自宅学習のみとはいきませんが、ほとんどを自宅学習で済ませ、数日間スクーリングすることで修了できるという学校がほとんどです。そのため、自分の時間に合わせて進めることができます。また最近の通信教育はネット化が進んでいるので、レポートの提出のためにわざわざ郵送する必要はなく、ネットを利用して提出したり、講師への質問や学習スケジュール管理を行えたりできるので大変便利です。また、通信教育で実務者研修を修了する場合は、最短で半年程度の短期間で修了できるのも魅力の一つです。