HOME>コメント>介護業界で活躍したい人は必須【実務者研修を受ける必要性】

介護業界で活躍したい人は必須【実務者研修を受ける必要性】

履歴書

基本的に将来、介護の世界で活躍したいと思う人が受ける実務者研修。しかし、仕事ではなく私生活でも役立てることはできるため、まずは実務者研修を受けた人のきっかけを知っておくと良いでしょう。

口コミ一覧

介護福祉士になりたくて受講しました【20代|男性】

実務者研修を受けたのは、介護福祉士になりたかったからです。いま20代で介護施設にてアルバイトをしています。大変なこともありますが、やりがいを感じることが多くて、この仕事をずっと続けたくなりました。そのために実務者研修の取得を目指します。施設のスタッフからも勧められました。まずこの資格を取ってステップアップして、介護福祉士になるつもりです。いきなりそれを目指すのはハードルが高いでしょう。まず簡単な資格から始めます。この資格を取って介護施設で働いていれば、介護福祉士になるための良い準備になるでしょう。アルバイトしているので、通信講座を受けています。通信だったらバイトと両立できるので有難いです。無理なく勉強を続けられます。

介護の知識は私生活でも役立つと思ったので!【20代|女性】

母が祖母の介護をしていて、苦労しているのをずっと見ています。それを見ていたら、実務者研修の勉強をしたくなりました。勉強をして知識や技術を身に付けておけば、実際に介護をする時に役立つでしょう。いま20代で介護をする必要はありませんが、急にする必要は出てくることもあるでしょう。祖母の介護も突然始まりました。脳梗塞で倒れて、手足が不自由になってしまいました。資格を取っておけば、いざという時は働けると思います。この点も考えて、勉強を始ました。今は子育てが忙しいですが、子供達が大きくなったら働ける時も来るでしょう。介護のことはまったく分からなかったのですが、勉強を始めていろいろなことが分かるようになってきました。特に母の苦労が分かったのは良かったです。